ページ

2017年1月29日日曜日

杉田憲道社会主義協会代表急逝

社会主義協会代表、熊本学園大学教授の杉田憲道さんが1月24日急逝されました。24日夜大学研究室で倒れているところを発見されたとのことです。享年67歳。

杉田さんは、大学での専門は会計学で、社会主義理論研究の分野でも社会主義会計論争やソ連崩壊後の社会主義理論探索に成果をあげていました。社会主義協会では、長く理論部会常任幹事、九州支局代表、全国運営委員などを務め、2014年からは全国代表の任にありました。社会主義協会では杉田さんを中心にして資本論150年・ロシア革命100年を記念する論文集の刊行準備を進めているところでした。杉田さんのご逝去は社会主義理論研究にとって大きな打撃です。

杉田さんのご葬儀は、28日(通夜は27日夜)熊本市内にてしめやかに行なわれました。社会主義協会からは、通夜に小笠原福司事務局長、告別式に善明建一顧問(前事務局長)ほかが参列しました。杉田憲道さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

追記
今後、社会主義協会としての偲ぶ会が開催される予定です。決まり次第お知らせいたします。



2017年1月1日日曜日

『社会主義』2017年1月号目次

一冊600円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。
 ---------------------------------------------------------------------------
『社会主義』2017年1月号目次
杉田憲道■150年と100年の歴史との対話を深めよう
 特集 世界と日本の経済・政治・労働
北村巌■長期停滞が続く世界経済情勢
山崎耕一郎■超大国のない世界政治の時代へ
村本成一郎■混迷する情勢下における欧州労働運動
立松潔■停滞する日本の景気と国民生活
田山英次■東北の乱から政治を考える
足立康次■労働者状態の特徴と運動課題
=2017年を迎えて=
野党共闘を前進させ安倍強権政治からの転換を
吉田忠智(社民党)/神津里季生(連合)/福山真劫(平和フォーラム)/川本淳(自治労)/坂口智彦(国労)/高橋広子(I女性会議)/小川研(労大)/近藤和樹(社青同)
中島修■批評「格差と貧困」で思うこと