ページ

2016年5月7日土曜日

『社会主義』二〇一六年五月号目次

一冊600円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。
*今月は諸般の事情で掲載が遅れてしまいました。お詫びし、このようなことがないようにします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
又市 征治■参院選勝利・改憲阻止に総力を挙げよう!
特集 新安保法制の本質と闘いの強化
大槻重信■「緊急事態」に陥っている安倍政権と改憲
桜井宏之■安保法制が狙うもの
猿田佐世■日本の安保政策の変更と日米外交を考える
中川博司■衆参同日選挙を視野に野党共闘の構築を
三上武志■統一への道のりと社民党の役割
北川鑑一■刑事訴訟法改正案の問題点
藤田研一■NTTにおける海外進出
伊藤修■日本の報道が歪めた「スティグリッツ報告」
松尾直樹■介護保険法j改悪は何をもたらしたか
高橋柳一■一人ひとりの声を受け止める組織づくりを
松本重延■批評 社会の劣化と「労使対等」を考える
平地一郎■書評 濱口桂一郎『働く女子の運命』を読む
水口雅夫■いま、『資本論』からまなぶこと⑦ 生産価格論
山藤彰■続・「特殊的危機」からの真の活路は何か