ページ

2015年7月19日日曜日

労働者運動資料室HP更新

・表紙に、『マルクスと日本人』(明石書店)発行を提示しました。


・リンク集に平和友好際事務局、社民ユース東京を追加しました。労働大学(坂牛学長)のリンク先を変更しました。


社民ユースはなぜか社民党埼玉県連合になっていたので、社民ユース東京を掲載しました。


他に更新しなければならないページもありますが、とりあえず小幅な更新です。

2015年7月11日土曜日

佐藤優・山崎耕一郎『マルクスと日本人』

山崎耕一郎さん(社会主義協会元代表代行、労働者運動資料室理事長)と佐藤優さんの共著『マルクスと日本人――社会運動から見た戦後日本論』が近く出るとのことです。対談集のようです。




7月中旬発行予定、明石書店、定価1400円+税。
ISBN 9784750342184
判型・ページ数 4-6・260ページ


「佐藤優による戦後日本の思想・社会運動論。対話する相手は、彼が十歳代に加盟した日本社会主義青年同盟の指導者・山崎耕一郎。向坂逸郎ら日本の理論・実践家への思い、ピケティへの評価なども交え、資本主義の問題点と、そこからの脱却の可能性について語る。 」(明石書店の新刊案内)
http://www.akashi.co.jp/book/b201277.html




アマゾンにも紹介が出ています。これによれば7月17日発行とのことです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4750342181/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4750342181&linkCode=as2&tag=honeyvanillat-22

2015年7月8日水曜日

平和友好祭事務局のブログ

うかつでしたが、平和友好際事務局のブログができているのですね。最新書き込みでは、社青同、新社会党青年学生委員会、社民ユースによる辺野古反対運動が紹介されています。
http://heiyusai.ti-da.net/


近く更新の際本体に書き込みますが、とりあえずここで紹介します。

2015年7月1日水曜日

『社会主義』2015年7月号目次

一冊600円。紀伊國屋書店新宿本店、東京堂書店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。
--------------------------------------------------------------
編集部■労働関連三法案に反対し闘い続けよう
        特集 世界と日本の経済・政治・労働
北村厳■世界経済の「新常態」
木村牧郎■変容する欧州社会とイギリス労働運動の挑戦
立松潔■脆弱な景気「回復」と格差の拡大
横田昌三■安倍政権の暴走を食い止めよう




芳賀和弥■米国における最低賃金引き上げ運動
森岡利文■大阪都構想否決が示したもの
高橋俊夫■地方から2015春闘を闘って
寺下雅人■成果主義賃金下における2015春闘
菅原晃悦■批評「人権軽視」の格差解消が鍵
大川暁■信頼がなければ理論・政策も受け入れ困難
向坂逸郎■社会主義とは何であるのか①