ページ

2012年10月24日水曜日

社青同第34回大会開催

 近着の「青年の声」によれば、社青同(日本社会主義青年同盟)第34回全国大会が10月6日-8日東京・全林野会館で開催されました。大会では29本の発言があり、同盟員の職場での働きか方、職場・労組・地域での仲間への働きかけ、組織活動の強化や組織建設に向けた討論が行われたといいます。

 大会では、柏原孝行委員長ほかの役員が再選されました。また、又市征治社民党副党首、宮川敏一新社会党労働委員長、金チャドル在日朝鮮青年同盟委員長が来賓として出席、福島みずほ社民党党首、松枝佳宏新社会党委員長らが祝電・メッセージを送りました。

当資料室でも、社青同本部の同意を得た上で、大会宣言などを掲載していきます。

2012年10月1日月曜日

『社会主義』2012年10月号目次


田山英次◇東日本大震災から一年半

特集 産別大会から今後の課題を探る

松浦健二◇賃下げには大衆闘争の配置を

石崎浩◇「教育改革」で現場はどうなっているのか

江川省吾◇組織拡大を軸にJR内に国労運動を      

山川藪沢◇誰が、どう支える三千万人超高齢者

 

角田政志◇福島の教育現場からの告発

近江守◇二〇一二人勧と退職手当引き下げ

伊藤修◇二〇一二年度『経済財政白書』評注

大槻重信◇中朝ロ三国を敵視する『防衛白書』

平地一郎◇欧州の財政・金融危機と政治・社会

村上武◇原発事故から「市民生活の再建」を求めて 

多田雄平◇地域から新自由主義に対抗する砦を

東北ブロック原水禁◇国家補償で、「復興」と「脱原発」の実現を

瀬戸宏◇批評 尖閣諸島問題を巡る日中間の軋轢

西沢清◇思い出すことども 私と社会主義協会(七)

中村譲◇シリーズ 古典を読む⑱